JAYCS留学ブログ更新情報


























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































執筆者一覧はこちら

新着情報


2009年10月12日

第62回日本胸部外科学会定期学術集会 ワークショップ1「“Art and Science”を志す若手胸部外科医の挑戦」を共催

皆様のお力添えの結果、JAYCSが第62回日本胸部外科学会定期学術集会 ワークショップ1 「“Art and Science” を志す若手胸部外科医の挑戦」を共催することができました。
初日の朝一番目のワークショップにもかかわらず、沢山の先生方にご参加いただき本当にありがとうございました。
Yoshida先生からのグローバリゼーションについてのお話、各国留学経験者のプレゼンテーションは若手の先生方のご参考になったことと思います。また、能勢先生から日本人としての誇り、若手に向けての檄のお言葉から良い刺激をいただくことができました。最後のまとめで浅井先生がお話になった”国際社会での日本のリーダーシップ”は我々の世代が目指すゴールの一つではないかと感じました。この場をお借りして本ワークショップにご参加いただいた先生方に厚く御礼申し上げます。
慶應大学の四津教授、岡本先生をはじめ日本胸部外科学会の学会事務局、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。JAYCSではこれからも若手のためになる企画を立案、実行していきたいと思います。今後ともご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

発表いただいたスライド(read-only)を掲載いたします。パスワードは「jaycs」です。

Our Life Long Objectives 能勢 之彦 先生

Globalization of Young Thoracic Surgeons in Japan Dr. Winston Bonetti Yoshida

Challenges by Japanese Association of Young Cardiac Surgeons 髙林 新 先生

英国での先天性心疾患研究と米国臨床留学への準備 安達 偉器 先生

My fellowship program with my international residents 太田 教隆 先生

若手心臓外科医のキャリア戦略 田端 実 先生

What I learned as a transplant fellow in Toronto General Hospital 陳 豊史先生

CV surgical training in Europe 岡本 一真 先生

My experience as a fellow in Thailand 吉武 明弘 先生

日本の胸部外科良い点悪い点 各若手演者より

2009年10月11日

■第62回日本胸部外科学会定期学術集会シンポジウム
“Art and Science”を志す若手胸部外科医の挑戦

2009年10月11日(日)9時20分-10時50分 パシフィコ横浜

座 長:
浅井 徹 (滋賀医科大学)

特別提言:
能勢 之彦 (Baylor College of Medicine, USA)
Winston Bonetti Yoshida (Faculdade de Medicina de Botucatu ? UNESP, Blazil)

演 者:
安達 偉器 (大阪大学 心臓血管外科・Royal Brompton Hospital, London, UK)
太田 教隆 (静岡県立こども病院・Montreal Children's Hospital, Canada)
岡本 一真 (慶應義塾大学 外科(心臓血管)・OLV clinic, Belgium・Policlinico San Donato, Italy)
髙林 新 (三重大学 胸部心臓血管外科・福岡市立こども病院)
田端 実 (榊原記念病院心臓血管外科・Harvard School of Public Health, Boston, USA)
陳 豊史 (京都大学大学院 呼吸器外科・Tront, Canada)
吉武 明弘 (国立病院機構東京医療センター心臓血管外科・Chiang Mai University, Thailand)

若手胸部外科医にとって最も関心が深い話題の一つは、自らのキャリアを如何に形成していくかという問題である。国内外の急速なborderless化は、日本の若手胸部外科医のキャリア形成においても多大な影響を及ぼしている。そのため現在の若手にとって、挑戦の代償として得られる経験は場所・内容ともに多様化を遂げている。本ワークショップではイギリス、カナダ、ベルギー、イタリア、日本、アメリカ、タイの各国で創造的な仕事に挑んだ若手胸部外科医にそれぞれの経験をお話しいただく。さらに、各国の胸部外科を取り巻く環境と、多様な経験を許しうる日本の胸部外科の懐の深さをふまえ、未来の日本の胸部外科について充実した討論を行いたい。本ワークショップが将来を担う若手医師にとって良い情報源となれば幸いである。

2009年07月11日

第1回JAYCS関東支部交流会

2009年 7月 11日(18:30~20:30)に第1回JAYCS関東支部交流会を開催いたしました。
今回は初めての東京での開催です。

場所:新宿 炭火居酒屋・月丸

関東地区の世話人の先生を中心に6施設8名が交流を深めました。
ISMICSでの経験や今後の新しい企画などの話で非常に盛り上がりました。
交流会にご参加いただいた先生方、本当にありがとうございました。
定期的に東日本でも交流の機会を増やしていきたいと思います。
これからもJAYCSをよろしくお願い申し上げます。